投資初心者のためのわかりやすい比較

日本では銀行預金の低金利が続き、銀行に預けていてもほとんどお金は増えない状況です。

また、少子高齢化の影響で社会保険料は上がっておりますが、老後の年金が必ずしも確保されている状況ではありません。

一方、医療は日々進歩しており、人生100年時代とも言われております。

早いうちから資産運用や、老後の年金対策を個人でしていくに越したことはありません。

自分の身は自分で守っていきましょう。

そこで今回は、資産運用の中でも「投資」に重点をおいてわかりやすくおすすめを発表していきたいと思います。

投資とは

まず投資とは何かにお金をかけて、そのリターンを得ることを言いますが、目的と、目標によって投資先は違ってきます。

今回はそれぞれの投資先のポイントを4つの項目で5段階評価にして説明していきますので、ご自身の目的と目標に沿った投資先を是非選んでみてください。

4つの項目

①リスク

②リターン

③流動性

④初心者おすすめ度合

株式投資

こちらは最もポピュラーな投資先です。

①上場している企業の「株」を売買することによって出る差益

②購入した「株」を保有し続けることによってもらえる配当金

この二つでお金を増やしていきます。

①はイメージがつきやすいかと思います。

安い時に株を買って高くなったときに株を売る。

その差益が利益になります。

②の配当金とは、保有している株の会社が利益の一部を株主に還元するイメージです。

日本では、年に1回か2回、配当金を出してくれる企業が多いです。

株式投資では毎日株価が変動します。

そういった意味ではリスクもありますがリターンもあります。

また流動性とは売りたいと思った時にすぐに売れるかどうかですが、株式市場が動いている限りその時の株価で売れるので、流動性はとても高いかと思います。

奥は深いですが、株式投資は小額からでも始められるので初心者にも、とてもおススメです。

リスク:★★★☆☆

リターン:★★★☆☆

流動性:★★★★★

初心者おススメ:★★★★☆

FX

FXも株式投資と同じくらい聞きなれている投資先かもしれません。

FXとは為替レートの変動で出る差益でお金を増やす方法です。

ただFXはかなりリスクが高いイメージをされているかと思います。

その理由の一つとして、「レバレッジ」をかけられるからです。

レバレッジとは、てこの原理をイメージしてもらいたいのですが、少ない資金でその何倍ものお金を動かすということです。

そのレバレッジはなんと25倍までかけられます。

リターンも大きいですがその分リスクがあります。

流動性は為替市場が動いている限り取引が出来ますので、株と同じくらいあります。

レバレッジを利かすことできる分リスクがあるので、初心者にはあまりお勧めできません

リスク:★★★★★

リターン:★★★★★

流動性:★★★★★

初心者おススメ:★★☆☆☆

投資信託

投資信託は文字の通り、運用会社が選ぶ「投資」先を「信」じて「託」すという意味です。

運用会社は投資の専門家である「ファンドマネージャー」が株や債券などに投資をして、利益を出します。

投資のプロが、複数の投資先に分散して投資してくれるためリスクは低く、初心者の方でも始めやすい商品です。

リスク:★★☆☆☆

リターン:★★☆☆☆

流動性:★★★★☆

初心者おススメ:★★★★★

不動産投資

不動産投資は高額商品のイメージがあるため、若い方はご存じないことも多いかと思います。

しかし、投資商品の中で唯一、他人のお金で資産を形成できる商品となっております。

他人のお金とは、銀行から購入する不動産を担保にお金を借りるということです。

また、毎月の家賃収入をローン返済に充てることが出来るので、実はリスクも低いです。

しかし不動産なのでやはり高額です。

そういった意味では、初心者の方が最初にする投資先としてはあまりお勧めできません。

また、高額商品のため、売りたくても買い手がつかない限りすぐに売れるものではありません

そのため、流動性としては他の投資商品に比べると低くなります。

リスク:★★★☆☆

リターン:★★☆☆☆

流動性:★★☆☆☆

初心者おススメ:★★☆☆☆

仮想通貨

「仮想通貨は投資ではない!」と話す専門家もいらっしゃいますが、馴染みのある商品なので今回はご紹介したいと思います。

仮想通貨に換金して、仮想通貨の価値が高くなったら換金して利益を出すという投資になります。

日々の変動が株や為替と比べてかなり大きいのでリスクが高く初心者にはあまりお勧めできません。

ですが、仮想通貨をお金として利用できるサービスやお店もあるので、分散して保有してみるのもいいかもしれません。

リスク:★★★★☆

リターン:★★★★☆

流動性:★★★★☆

初心者おススメ:★★☆☆☆

さいごに

今回は5つの投資先を4つの項目にわけて評価してみましたが、どの投資先もかなり奥は深いです。

みなさんの「目的」や「目標」、投資の中でも「銘柄」や「物件」によっては、今回つけた私なりの評価もかなり変わってくると思います。

どの投資先を選んでも徹底的に勉強してから始めるのが一番です。

しかしみなさんにとってお金も大事かもしれませんが、それ以上に時間が大切です。

投資をすることの意味より、投資をすることによってどんな自分になりたいのかをまず考えてみるのがいいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする