[Clubhouse]話題の音声版Twitterの現在

こんにちは。タロです。

今大注目の音声版Twitterと言われるアプリ「Clubhouse」。

世界の利用者が短期間で200万人を超える程の大熱狂ぶりです。

皆さんも試された方多いのではないでしょうか?実際いかがでしょうか?

今回「Clubhouse」の特徴と未来について書こうと思います。

「1人2人まで」特別感が生む効用

世界中のアーリーアダプター(新しいもの好き)が我も我もと殺到したClubhouseですが

これは人から招待して頂かないと実際利用できないというポイントがあります。

しかも1人2人までの招待という限定感というか、特別感。。

招待いただいた方はこぞってインスタグラムストーリーに自身のClubhouseのアカウントを

載せて「招待してもらいました!!」という特別感をアピールしていましたね。

招待されない。。という方は今ではメルカリで1万円で購入する方もいるようです。

今後は有料サービスも?

登録者も増えてきた一方、興味深い視点を持つことができます。

創業者の起業家2人が「稼ぎ方はこれから考える」としているようです。

現在は無料で利用できるClubhouseですが、

収益化のビジネスモデルが明確に打ち出されていないのが実情なのです。

「ネットワーク効果だけを先行してつくってしまおう」という考えなのでしょうか。

携わる関係者は皆「投じた資金がしばらくは燃焼し続けてもいい」という感覚のようで

これは米アマゾン・ドット・コムや米Googleの草創期に

投資家がとったスタンスと似ているようです。

後に導入する本格的な有料ビジネスが高い収益性で

回り始める可能性は十分あるといえるだろう。

一方で録音されている、などプライバシー配慮も課題!?

実際Clubhouseは利用者の会話が録音、保存されていたり、

電話番号などの連絡先データが収集されたりしている点を知らずに利用している方も

一定数いるようで、個人情報の安全性を不安視する声が

世界から出てきていることも事実のようです。

いずれにせよ、様々な改善を重ね、今後も成長してくであろう、Clubhouse。

これからの動きに注目です!